活動履歴

小田教頭の脅し方  ~美鈴が丘高校イジメ事件

私が広島の教育委員会に行く2日前の事でした。
池内さんに小田教頭から電話が入りました。

小田教頭「参考書を返さなければ遺失物横領になりますよ。」
池内さん「え!そうなんですか?」
小田教頭「はい、警察に電話で相談したらそう言われましたので。今から警察に来てくださいと言われましたので、そのように対応します。」

池内さんはビックリして私に報告して来ました。私は池内さんに法律を教えて冷静になってもらい、もう一度小田教頭に連絡をしてもらいました。会話録音をするためです。小田教頭は同じ言葉を繰り返しました。それが下の音声。証拠です。

確かに、拾得したものは所有者に返す必要があります。しかし、今までに書いている通り、池内さんは参考書を渡そうとしていますし、その前に所有者が所有権放棄の意思で放置した物(無主物という)は遺失物ではなく、もちろん、これを取り込んでも本罪は成立しない。(民法239条参照)

法律を知らない人に対して、警察に捕まるぞ、と脅かしてきたのです。言うことなすことヤクザのようで、私たちのことを学校の生徒レベルだと思っている。脅かせば言うことを聞くと。

 

この参考書は、言わばイジメた生徒(加害者)の物的な証拠です。つまり、学校側はその証拠を必死で消そうとしている。断じてあってはならないこと。
強い憤りを感じて、私たちは広島の教育委員会に行きました。次回、詳細にご報告します。

ここで、私の私見を書きます。
目の前で女の子がイジメられている。見ないフリをして黙って通り過ぎろと?

そんな親を娘は尊敬しますか。

 

NPO法人虐待ZERO 理事長 渡邉文男

-活動履歴

Copyright© NPO法人 児童虐待ZERO , 2022 All Rights Reserved.