活動履歴

バス虐待死 川﨑幼稚園の増田園長は殺人である

2時間余りの全会見で川﨑幼稚園、増田園長(73歳)と杉本副園長(58歳)の表情と発言を注視。

置き去りにした張本人が何度も笑みを浮かべる。そして

「たまたま起きてしまった。」

と、はっきりと言う。これに記者は誰も突っ込まない。

 

8割方この表情。「原因の究明に努めたい。」と事件を客観視。

 

片や、副園長は声を出して笑う。人を殺してコロコロ笑う。

 

園長と一緒に笑うことも一回。

マスクをしている安心感からだろう。
記者が「マスクを10秒でいいから取って」と要請したが

「感染の恐れがあるので。」

と首を振って一蹴。

これは凄い。彼らにとって幼稚園児など、店に並んだキャベツ一個と同等の価値なのだ。

次に親。私の娘が3歳のとき、送迎バスに乗せる際に防犯ブザーをリュックにつけていた。実際に何回も鳴らして試させた。大音響にビックリした娘の顔が今でも忘れられない。

車のクラクションの鳴らし方も教えていた。自分の子に対して最低限の危機管理ができていなかった気がしてならない。こんな外道の園長もいるのだから。

 

BOZZ

 

 

-活動履歴

Copyright© NPO法人 児童虐待ZERO , 2022 All Rights Reserved.